きれいなもの

少し前にあった飲み会で、酒に酔った勢いもあって、思った事をズケズケと正直に口走ってしまった。

いつも酔っぱらうと無神経に色々と話してしまうのは、自分でも反省しなきゃいけないな

と思いつつ、そこで言われた事で少し気になった事があった。

端的にいうと、場の空気を優先して嘘でもポシティブな意見や面白い話をしていた方が

いいよ、という内容。

 

分かる!すごく分かる!

せっかくの飲みの席なのだから愉快に楽しく過ごせるにこした事はないし、

わざわざ不愉快な話題を出す事はない。

でもそんな会話を重ねていても上っ面な人間関係しか作れないし、当たり障りのない

話ばかりでは、その人が見えてこなくて楽しくはなりにせよ、面白くはならないと思う。

だから自分としては時と場所を選びつつ、ある程度ネガティブな事でも言い合ったほうが

いいんじゃないかなと。俺は好きだけどな、ちょっと愚痴っぽい人。

 

最近世の中どんどんネガティブな事(というか世間一般的にそういう事になっているもの)

は言ってはいけない、作ってはいけないという風潮になっている気がする。

この前の、ろくでなし子さんが逮捕された件、放送中止になった東京ガスのCMに、

連載直前に急遽中止になった「あいこのまーちゃん」。

確かに不快に思う人もいるだろうけど、それ以上に面白いと感じる人の方が多いと思うんだけどな。

今に限った事じゃないと思ったけど、昔の作品とかみると明らかに自由でぶっ飛んだ表現が多いよ。

 

そんなに綺麗なものばかり見たいかね。

世の中の辛いなんて事はみんな知ってるのに。

 

まぁ...でも....ポシティブな事ばかり言う人の方がモテるっていうし...

リップサービスだと分かっていても褒められると嬉しいのが人間ってもんだから

せめて飲み会くらいではそうしたほうがいいのかもね。